雑穀の「色」と「つぶつぶ」の秘密

“小粒で光る”雑穀は機能性食品の頂点として輝いていますが、その秘密は雑穀の「色」の豊富な抗酸化栄養素と小さな「つぶつぶ」の食物繊維の力です。
雑穀の黒、紫、赤、黄、緑などの色は体の錆をおとす抗酸化物質のポリフェノール類で活性酸素を食い止め免疫力を高め生活習慣病予防・改善に大きな働きをしています。
雑穀の小さなつぶつぶの秘密は、一粒一粒を包む皮が食物繊維で、今では第七の栄養素と呼ばれ、栄養調整や微生物の調整、排泄促進などの働きを担っています。ビタミン、ミネラルの豊富な雑穀類は“天然のサプリメント”と呼ばれる理由がよくわかります。
平安時代には生命力あふれる表現として「源氏物語」では“つぶつぶ”という形容詞として使われ豊満で美しさを表現する言葉でした。小さな子供や赤ちゃんが“つぶつぶと肥えて”などと使われていた言葉が雑穀のつぶつぶの力に通じますね。

コメントは受け付けていません。

このエントリーのトラックバックURL: