くまさん自然農園の雑穀について

国産で農薬不使用の希少な雑穀6種を
栽培しています。

北秋田の豊かな大自然の恵み

雑穀は、国内需要が高まっているものの大半が輸入品で、東北で生産されているのは僅かです。くまさん自然農園は東北の強みを生かし特徴ある6種の雑穀を栽培し、バランスよく配合した「雑穀こまち」「雑穀シリアル」を販売しています。降り注ぐ太陽の光と清涼な空気、澄んだ水、豊かな大自然に育まれた農薬不使用雑穀は、“雑穀王国・東北”の誇れる農業産品だと自負しています。

雑穀こまち、雑穀シリアル
アマランサス+あわ,ひえ,きび,たかきび,発芽玄米

【雑穀こまち】【雑穀シリアル】は
スーパーフード、アマランサス入り

くまさん自然農園 農薬不使用栽培の雑穀

お米より歴史があるご飯「雑穀に魅せられて」

くまさん自然農園のアマランサスと雑穀類、
あきたこまち玄米は農薬を一切使用せずに栽培しています。

「くまさん自然農園」の雑穀やあきたこまち玄米は、大地の恵みをいっぱいに受けて育ちます。農薬不使用で栽培する雑穀や玄米は、隣接の田畑から離れた山あいの耕作地を選んで育てていますが、現在のハイテク農業は除草剤をドローンやヘリコプターで空中散布するため、風向きで農薬が飛来することもあると考えています。農薬不使用でありながら「無農薬」とは書けない理由がここにあり、ホームページやパンフレットでは農薬不使用と表現しています。

農薬を使用しない大自然の中での農業は、一年を通して自然とのたたかいです。自然栽培の安全な農作物とその美味しさをお客様にお届けできるよう、種まきから収穫までスタッフ一同、毎日自然と向き合い天候や害虫と戦いながら農薬不使用を貫ぬき、精こん込めて6種類の雑穀を栽培しています。体に良いモノは不味いと言われていますが、農薬不使用雑穀を初めて食べる時、そのほのかな甘みや食感にきっと驚かれることでしょう。

種蒔き
種蒔き
地元の小学生の農業体験
地元の小学生の農業体験
雑穀は水はけが大切です
収穫間近なたわわに実るヒエ
アイガモが虫とりを手伝ってくれます
鴨が虫とりを手伝ってくれます
みんなで収穫です
みんなで収穫です
稲刈り
稲刈り

【雑穀こまち】は高栄養機能、高生体調節機能への評価が高いアマランサス入り

アマランサス+あわ,ひえ,きび,たかきび,発芽玄米
雑穀こまち お徳用
雑穀こまち

お徳用
1,000g
価格:4,320円(税込)

雑穀こまち スティックタイプ
雑穀こまち

スティックタイプ
20g×30袋入り
価格:3,240円(税込)
20g×15袋入り
価格:1,728円(税込)

雑穀シリアル
雑穀シリアル

100g
価格:648円(税込)

くまさん自然農園のアマランサス栽培

アマランサスは宇宙食に使われる高い機能性を備えています

世界保健機構(WHO)はアマランサスを「未来の食物」と評価しており、NASAでも宇宙飛行士の食料として取り入れられるなど、あらゆる方面でスーパーフードとして注目されています。アマランサスの国内生産量は他の雑穀の1割前後で、さらに農薬不使用栽培は少なく希少だといえます。アマランサスの栄養価は必須アミノ酸バランスがよく栄養価も高く、またカルシウムや鉄などのミネラルも豊富です。雑穀類の栄養成分において炭水化物を除くすべての項目でアマランサスが高い数値となっています。近年、アマランサスの生理活性成分と生体調整機能の研究も進み生活習慣や幼児の栄養改善食品としての貢献が報告されています。

アメリカ科学アカデミーが推奨する有用資源
収穫前のアマランサス
収穫前のアマランサス
アマランサスを詳しく見る

将来の食糧不足を見据え、
有望な植物資源となるアマランサス栽培

世界の人口は2050年に92億人となり、食糧生産の量が現在の1.7倍必要になると試算されています。将来の食糧不足を見据えた時に資源として有望となる植物36種類を、アメリカ科学アカデミー(NAS)が1975年に発表、その一つがアマランサスです。くまさん自然農園は日本でまだ馴染みのないアマランサス栽培に2014年からとり組み、東北で栽培される、ひえ、あわ、きびなどの雑穀類と配合した雑穀米は日本人の健康に役立ち、アマランサス栽培はこれから予測される食糧不足を乗り越える礎になると取り組んでいます。
※資料(生活科学研究誌・アマランサスの食品栄養学的研究から見えてくるもの/小西洋太郎)

くまさん自然農園の1年

「くまさん自然農園」では春の耕起に始まり、種まき、培土、除草、虫取り、収穫と徹底的に農薬不使用にこだわった雑穀を栽培しています。安心して食べられ、美味しくて、そして何よりも健康に良いという事で皆様にご利用いただいております。

4月 1.耕起-ふかふかの土を作ります。
5月 2.種まき-丈夫に育つよう丁寧にまきます。
6月 3.培土-株際に土を寄せてお世話します。
6月〜9月 4.草取り-良い土を作ると雑草もよく育ちます。 5.虫取り-自然な農法なので虫も食べたがります。
10月 6.収穫-一粒一粒が大地からの恵みです

雑穀で家族の健康を守る

日本人の食生活が“雑穀混炊型”の時代は生活習慣病などとは無縁でしたが、白米が主食になり豊食の時代を迎へ、雑穀はスーパーフードとして再登場し、健康な暮らしに欠かせない救世主として注目を集めています。“自分の健康は自分で守る”ことが求められ「食」の見直しが大切になります。21世紀になり植物栄養学が注目され、雑穀の栄養成分の機能が高く評価されています。米や麦よりも栄養価が高く、体が必要としている栄養がバランスよく含まれている雑穀、毎日の食事に精白されていない穀物を摂り入れることは健全な身体と穏やかな心を育てます。

穀物はつぎの世代を産む「種」

穀物の歴史は古く縄文時代の遺跡からも発見され、日本では紀元前3000年以上前から栽培されていると言われています。雑穀の一つ一つは命を蓄え、土に蒔けばそこから芽が出て一つの命が沢山の命を作り永遠に続いていきます。くまさん自然農園の雑穀は、次の世代に繋がるお手伝いをしています。

種

雑穀のある食卓に

食と健康意識の高まりとともに、雑穀の高機能な植物栄養素が現在の食生活に重要であると再注目されています。
白米との比較で食物繊維は「きび」3倍「あわ」7倍「ひえ」5倍。
マグネシウムは「きび」4倍、「あわ、ひえ」5倍。カルシウムは「あわ」3倍。カリウムは「ひえ」3倍、鉄分は「きび」3倍、「あわ」6倍とどれもが白米を凌ぐ高い栄養価です。これらの雑穀類の栄養成分をさらに凌ぐ雑穀としてアマランサスが特に高い数値です。

こんな方におすすめ

  • 健康的にダイエットをしたい
  • お通じが気になる
  • 不摂生が続く
  • 肌荒れが気になる

安心して食べられる、顔の見える食品づくりへの取り組み

「くまさん自然農園」が大事にしていることは、「食べてる方と農園のつながり」です。雑穀を通して私達、作り手を知っていただき色々なご意見や感謝の言葉をいただくことは、何ものにもかえられない喜びを感じます。「くまさん自然農園」は、雑穀の特色ある植物栄養素の力をかりて、安心して食べられる顔の見える食品づくりに取り組み、食べてくださる方との絆をこれからも深めていきたいと思っています。

【雑穀こまち】は高栄養機能、高生体調節機能への評価が高いアマランサス入り

アマランサス+あわ,ひえ,きび,たかきび,発芽玄米
雑穀こまち お徳用
雑穀こまち

お徳用
1,000g
価格:4,320円(税込)

雑穀こまち スティックタイプ
雑穀こまち

スティックタイプ
20g×30袋入り
価格:3,240円(税込)
20g×15袋入り
価格:1,728円(税込)

雑穀シリアル
雑穀シリアル

100g
価格:648円(税込)